ついけん

喫茶室ルノアールとカフェルノアールのブレンドコーヒーは値段が違う

kokumaijp ライター: kokumaijp
カテゴリー: グルメ
投稿日:2012/5/17
タグ: ルノアール カフェルノアール 喫茶室ルノアール 八重洲 ブレンドコーヒー

renoir_blendcoffee
最近よくルノアールを利用しますが、ちょっと気づいたことがあったのでメモしておきます。

ルノアールとは、サラリーマンのオアシスでもあり、ノマドワーカーにとっても居心地のよい喫茶店です。
ゆったりとした座席、電源利用可、長時間いても怒られないなど、いいことづくめです。

そのかわり、ドリンク類はちょっと値段が高めになっています。

ところでこのルノアール、2種類あるのをご存知でしょうか。
「喫茶室ルノアール」と、「カフェルノアール(Cafeルノアール)」です。

名前が違うだけで、内装やサービスなど、利用客にとってはほとんど違いがわかりません。

最近よく八重洲で打合せをするのですが、同じ通りに向い合って「喫茶室ルノアール」と「カフェルノアール」があり、一方が満席だった場合はもう一方に行くなど、両方の店によく行きます。
八重洲 65

「喫茶室ルノアール」の看板。
喫茶室ルノアール71

「喫茶室ルノアール」のブレンドコーヒー。
喫茶室ルノアール47

「喫茶室ルノアール」のブレンドコーヒーは、540円。
喫茶室ルノアール48

こちらが「カフェルノアール」の看板。
カフェルノアール68

「カフェルノアール」のブレンドコーヒー。
カフェルノアール66

「カフェルノアール」のブレンドコーヒーは、510円。
カフェルノアール67

値段の差はいったいなんなのでしょう。
ほんのわずかだけ、カフェルノアールのほうがお得、というお話でした。


blogrankbanner_12

コメント一覧

    • 1. 横浜市民
    • 2013年12月23日 17:55
    • 通りすがりで失礼します。
      写真を拝見するとコーヒーの抽出方法が違うのではないでしょうか。
      Cafe――の方は、エスプレッソみたいな泡が立っていますよね。
      同じ豆を使っていながら、ハンドドリップと機械ドリップの違いがあるように見受けれれます。(あくまで、推測ですが)
      お味に違いはありませんでしたか?
      私は、喫茶室――のコーヒーの味が好きでたまにリラックスしにいくのですが、Cafeの方、気になります。見つけたら行ってみます。。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
こちらもフォローして!
あわせて読みたい
あわせて読みたい
なかのひと
携帯アクセス解析