ついけん

晩秋の城崎温泉の高級旅館「西村屋ホテル招月庭」に泊まってみた

kokumaijp ライター: kokumaijp
カテゴリー: グルメ
投稿日:2011/11/30
タグ: 城崎温泉 西村屋ホテル招月庭 カニ料理

西村屋ホテル招月庭 ロゴ
この季節、温泉に泊まりたくなりますよね。
休暇を利用して兵庫県の城崎温泉(きのさきおんせん)の高級旅館に泊まって来ました。

その旅館(特に食事)が素晴らしかったのでレポートします。

●城崎温泉の高級旅館、西村屋ホテル招月庭

西村屋ホテル招月庭(にしむらやほてるしょうげつてい)は城崎温泉の老舗旅館「西村屋」の別館として建てられました。
その名の通り、庭が素晴らしい旅館です。



ホテル招月庭の玄関。


フロントに見事な掛け軸が。


フロントの奥に大浴場・露天風呂の「月下の湯」があります。





ホテル招月庭は城崎温泉の中心街からはちょっと外れた場所に位置するため、シャトルバスが運行されています。(「さとの湯」はJR城崎温泉駅前にある外湯)
帰りのバスの本数が少ないように見えますが、バスに手をあげたら拾ってもらえるので安心です。



●西村屋ホテル招月庭の客室

今回は奮発してちょっといい部屋、露天風呂つき客室を取りました。部屋の中に露天風呂がついている客室です。
部屋番号の下には宿泊客の名前が入れられており、自分の部屋がどこだったかな?と迷うことはありません。


かなり広々とした部屋です。


部屋の床の間に飾られていた花瓶。


部屋からの眺望。


部屋からの眺望。右は露天風呂です。


部屋からの眺望。


部屋つきの露天風呂です。お風呂につかりながら庭が眺められます。


部屋にはお茶菓子が用意されていました。真ん中の梅ジュースはゼリー状になっていて美味しかったです。
お菓子は1階にあるお土産コーナーで買うことができます。



●西村屋ホテル招月庭の晩ご飯(部屋食)

さて、温泉旅館のご飯と言えば部屋食ですね。
この時期の日本海沿岸の温泉地といえば、当然のようにカニ料理です。
ここ城崎もカニ料理が有名で、晩ご飯はカニづくしでした。

まず最初に運ばれてきたもの。
食前酒 季節の食前酒
前菜 季節の酒菜取り合わせ
酢肴 ゆでがに甲付半匹
食前酒は柚子薬膳酒でした。
西村屋ホテル招月庭 晩ご飯は部屋食 食前酒ほか

前菜 季節の酒菜取り合わせ
胡桃豆腐。箱寿司。ハタハタあられ揚げ。ブドウ海老。鱒いくら霙。南瓜甲州焼き。丹波黒豆。八幡巻。
色とりどりで見た目が美しいです。


酢肴 ゆでがに甲付半匹
カニの身は出すのが大変ですが、それもカニ料理の醍醐味ですよね。
西村屋ホテル招月庭 晩ご飯は部屋食 酢肴 ゆでがに甲付半匹

椀物 季節の椀物
向付 かに刺し二本と旬の魚三種
椀物は蓮根饅頭玉地蒸(茶碗蒸しのようなもの)。


合肴 但馬牛ロースと野菜の鉄板焼き
但馬牛ロースは柔らかくて美味でした。


焼肴 活けアワビのグリル 特製和風ソース 彩り野菜添え
アワビはコリコリとした食感で歯ごたえがありました。


台物 海鮮小鍋(カニ、蛤、鰆、地物野菜いろいろ)


御食事 季節の釜飯
留椀 赤出汁
香物 三種盛
釜飯は少し前から部屋の片隅で火をつけて炊いていました。炊きあがりは美味しいの一言。


水菓子 季節のデザート
果物は梨とブドウ。



以上の食事をコース料理のように一つ一つ食べ終わった頃に次の料理を持ってきてくれます。
ゆっくりだったこともあり、食べ始めてから終わるまで、2時間もかかりました。
料理も美味しく、盛りだくさんで非常に満足でした。

なお、食事時にビール・日本酒などのアルコールを頼むことも可能ですが、食事代コミの宿泊費用には含まれておりません。


●西村屋ホテル招月庭の朝ご飯(朝食バイキング)

ホテル招月庭の朝ご飯は、バイキング形式です。
この朝食バイキングが美味しいと事前に評判を聞いていたので、期待して食べましたが、期待に違わない美味しさで素晴らしかったです。

まずは和食風でまとめてみました。


次は洋食風に。


最後にデザートを。


ここにあげたものはごく一部です。
まだまだ食べたいものもありましたが、お腹がいっぱいになってしまったので泣く泣く諦めました。


おいしい食事を食べて、部屋の露天風呂や旅館の大浴場につかり、大満足の温泉旅行でした。
たまには温泉でゆっくりするのもいいですよね。


●基本情報

旅館名 西村屋ホテル招月庭

住所 兵庫県豊岡市城崎町湯島1016-2

ホームページ 城崎温泉 西村屋ホテル招月庭 | 公式ホームページ

宿泊日 2011年11月23日~11月24日(1泊2日)

宿泊コース 露天風呂付客室プラン【館内利用券2000円分付き】
ホテルのHPで直接予約すると館内利用券2,000円がつきます。お土産コーナーで使えるのでお得です。

宿泊費用(一人分) 32,550円


大きな地図で見る

blogrankbanner_12

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
こちらもフォローして!
あわせて読みたい
あわせて読みたい
なかのひと
携帯アクセス解析