ついけん

総務大臣が問題視する一方、世界で注目を浴びつつある「カレログ」(2) #カレログ #karelog

takosaburou ライター: takosaburou
カテゴリー: 面白ネタ
投稿日:2011/9/14
タグ: カレログ 世界 注目 アメリカ 中国

そして、今度は中国編。news.163.comというサイトの記事です(2011年9月13日午後4時9分投稿)。グーグルの自動英訳を使って訳します。

題して「日本手机软件可远程监控男友」(Japanese mobile software remote monitoring boyfriend=日本の携帯ソフト、ボーイフレンドを遠隔監視)

最近、日本のマーケットでアンドロイド搭載電話に、あるサード・パーティーのアプリが出現した。簡単に言えば、このアプリをアンドロイド機に入れると「スパイ」ソフトウェアになる。貴方のボーイフレンドを何時でも監視できるし、相手が何処にいるか思いを馳せる事も出来る。というのも、バックグラウンドで動いてるので、告知されないからだ。このアプリの価値を巡り、ユーザーはほぼ一方的に批判した:「こんな中身、禁止してくれ!」("This stuff should be banned!")と。

監視する側は月額525円で監視できる。

アプリの使い方は、他の多くのアプリ同様だ。互いにアンドロイド携帯電話を使うと決め(アンドロイド2.2以降である必要がある)、そうしてもう一方の機器にダウンロードしてインストールしておく。アカウントとパスワードは必要だ。そうすればログインページからリアルタイムで彼のことが劇的に分かるって訳。

電話にGPSシステムがあるので、携帯電話の所有者は何時でも所在が分かる。それだけではない。アンドロイド機のバッテリー状況だって分かる。「プラチナ」("Platinum")サービスに加入すれば、電話の記録やコンテンツのダウンロードについても分かるようになっているのだ。

「大変良く、大変強い」("very good very strong")このような機能を持つアプリの価格は安くない。3日間のお試し期間後、利用者には会員サービスへの加入が求められる。30日間で525円、90日間で840円、年間で1980円だ。「プラチナ」だと月1980円も必要だ。

ユーザーは、相手への尊敬を捨てるべきなのだ

「貴方は少女ですか? 簡単に羨ましがったり、嫉妬する方ですか? ボーイフレンドはアンドロイドを持っていますか? もしそうなら答えは『イエス』。新しいアンドロイドアプリがお薦めです。『カレログ』と呼ばれるこのソフトはとてもとても貴方に役立ちます」("Are you a girl? You to easily jealous and envious? Does your boyfriend have an Android phone? If your answer is 'YES', it now has a new AndroidApp recommended to you, it's called 'Karelog' It may be very, very right for you.")。こう報じたのはIT業界のニュースだったが、マイクロブログでは大きな議論を引き起こした。

「ボーイフレンドを監視する」("monitoring boyfriend")ソフトとして知られているが、実際は誰でも監視できるし、関係者にならプライバシーも丸わかりだ。大半のユーザーはソフトウェアの利用の合意を取っていない。友よ、「ToToの三人娘」("the three girls Toto")が、こうコメントしている:「誰が秘密を隠しているかを自由に出来るなんて。それも1組の男女のカップルで丸わかりって事でしょ」("Who has a secret, are free, even a couple of girls to boys is also the space.")。そして、この友はこうも言った: 「こんなもの禁止にするべきよ!」("This stuff should be banned!.")。

しかし、カップルは少しばかりの監視で何も秘密は出てこないだろうと考える人もいるようだ。「ミスター・インディア」(Mr. India)氏は、こう認める:「俺は気にしないよ。こうした情報をカップルは共有できるようにしないとね!」("I do not care, the couple can share such information would have to!")。しかし、彼もカップルに問題が生じてない限りはの話だとしている。 「子供や老人に持たせるのは大変良い事だね!」("With the children and the elderly on the phone is very good!")。「まだ若造」("before the arrival of age,")という友人は、このアプリは自分の子供や親の安全を確かめるのに有効な手立てになるだろうとしている。

このソフトウェアの公式サイトでは「自制」("restraint")を求めている。「携帯にカレログアプリを入れる際は、どうか所有者の同意をお取り下さい」("In the mobiledevice installation Karelog application, please obtain the consent of the owner of the terminal equipment. ")とある。もしインストールの同意をしてない場合は追跡をしないとの事だ(新闻晨报による)。


ちなみに、記事は南海网-南国都市报という新聞サイトを元にして書いているそうです。

色んな意見はありましょうが、日本発のソフトとして久々に注目を集めているのは事実。問題点もありましょうが、総務相が成長のダイナミズムを摘むような真似だけはしてほしくないです。

※新聞メディア・ビジネスが今後どうなっていくか、海外の事例を交えながら講演したく思ってます。往復交通費プラス日当2万円から。ご興味のある方はこちらまで御連絡下さい

blogrankbanner_12

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
こちらもフォローして!
あわせて読みたい
あわせて読みたい
なかのひと
携帯アクセス解析