ついけん

グルーポン元従業員ら、残業手当巡り集団訴訟 #Groupon

takosaburou ライター: takosaburou
カテゴリー: その他
投稿日:2011/9/10
タグ: グルーポン 元従業員 集団訴訟

IPOの延期が取りざたされているグルーポンですが、泣きっ面に蜂というか、今度は残業手当の支払いを巡って元従業員らから集団訴訟を起こされていた事が明らかになりました。

digitaltrends.comが報じています(2011年9月9日付け)。
要するに、残業手当の額が不適切だというのが、原告の言い分だそうです。

これが問題化していたのは数ヶ月前からだったそうですが、状況が改善されていなかったのだとか。そして集団訴訟となりました。原告の団長を務めるのはリニータ・デイリー氏。同社の元販売担当員でした。過去3年分の残業手当が不十分だと主張しています。

この集団訴訟、下手をすると過去から現在までの全ての販売員に関わる話になりそうなのだとか。訴状によると、グルーポンは残業手当を全く払っていなかった訳では無いが、残業時間にキチンと相当する額ではなかったとの事です。例えば、デイリー氏に渡された隔月の給与明細では106時間働いていた事になっているのに、支払われている額は19.5時間分だけなのだそうです。これは本人だけでなく、会社全体の従業員がそうだったように思えるのだとか。

IPOを申請しているグルーポンにとっては悪いニュース以外の何者でもなかろう。ビジネスは鈍化しつつあり、IPO申請を通じ、グルーポンは儲かってない事が明らかになった。グルーポンが金を失うことで、小規模ビジネスオーナーは同社のサービスは誰にとっても良き取り引きになっていないように思えると愚痴っている
とdigitaltrends.com。

グルーポンの役員会は、60億ドルで買収したいとのグーグルの申し出を拒んだ事を後悔しているかのように思わせる。

記事はそう皮肉っています。

IPOへの影響はともかく、ブランド面でマイナスである事は疑いないでしょうね。給与まで値下げかいって突っ込みがありそうな。

※新聞メディア・ビジネスが今後どうなっていくか、海外の事例を交えながら講演したく思ってます。往復交通費プラス日当2万円から。ご興味のある方はこちらまで御連絡下さい



blogrankbanner_12

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
こちらもフォローして!
あわせて読みたい
あわせて読みたい
なかのひと
携帯アクセス解析