ついけん

ペイパル、役員にビザ重役を追加。アジア圏でのビジネス急成長に拍車へ #PayPal 

takosaburou ライター: takosaburou
カテゴリー: ネットサービス
投稿日:2011/9/3
タグ: PayPal ペイパル アジア ビザ

ペイパルが役員にビザ重役を迎え入れ、アジア圏でのビジネスを急成長させようとしているのだそうです。

ワシントン・ポストが報じています(2011年9月2日付け)。


スカウトなのか、それとも外部役員として兼務するのかがはっきりしない記事なのですが…。

ともあれ、新たに加えられたのはビザの役員のルパート・キーレー氏。アジア太平洋紙上でのペイメント・ビジネスを経営するべく、ペイパルに参加しました。

キーレー氏はアジアでのペイメント・サービスの経営という重要な経験を持っており、ペイパルにとっては勝利だとワシントン・ポストは書いています。

ちなみに、ペイパルに参加する前は、ビザの国際ビジネス部門の会長を務めていました。アメリカ以外でのビジネスの任を負っていたのだそうです。また、ビザのアジア太平洋グループ会長も務めていました。これはビザの戦略や法人開発を行う部署の長に当たるそうです。ビザへの入社は1999年ですが、その前はスタンダード・チャータードPLCで働いていました。

ペイパルのスコット・トンプソン会長は、同社のアジア太平洋地域のビジネスは、世界の他のどこよりも成長が早いと話しています。特に中国が凄いのだそうです。オーストラリアと日本のイー・コマース市場も、ビジネスとして可能性を秘めているとしています。
 
そのペイパルでキーレー氏は同社の「積極的な地域成長戦略」(‘aggressive regional growth strategy,’)を舵取りし、アジアでの提携先や消費者との繋がりを深めていく仕事をするそうです。

中国市場に注目というのは今更な感じがしますが、日本のイー・コマース市場に着眼しているのに、少し意外な気が。消費マインドが落ち込んでる気がするんですが。

※新聞メディア・ビジネスが今後どうなっていくか、海外の事例を交えながら講演したく思ってます。往復交通費プラス日当2万円から。ご興味のある方はこちらまで御連絡下さい

blogrankbanner_12

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
こちらもフォローして!
あわせて読みたい
あわせて読みたい
なかのひと
携帯アクセス解析