ついけん

英国暴動、略奪の標的になっているのはソニーとアップル。そのため… #Sony #Apple #londonriots #riotcleanup #PrayForLondon

takosaburou ライター: takosaburou
カテゴリー: iPhone
投稿日:2011/8/11
タグ: ソニー アップル 英国 暴動 略奪

英国の暴動で、かの地の労働党の影の経産相が「どうも特定の店が標的になっているようだ」と言ってましたが、実際にそうなっています。

略奪者が狙ってるブランドが2つある事が判明しています。ソニーとアップルだそうです。

macgasm.netがBBC報道として伝えた所によると、ロンドンのソニーDADCセンターが放火された際、略奪されているのが確認されたそうです(2011年8月9日午後0時20分投稿)。

この話自体は日本でも報じられましたが、CDとブルーレイ、DVD製品専用の施設だったそうですね。BBCによると、盗み放題だったとか。

そしてもう1つが、アップル。リバプールのアップルストアは全製品を撤去して対応したそうです。

元のHPには、ガランとした様子の写真が掲載されていますね。「直に戻ります」という看板が空しい。

もっとも、こうでもしないと仕方無い面もありました。thenextweb.comによると、ロンドン暴動で略奪されたと思しきiPhoneが、無料広告掲載サイト「クレイグス・リスト」の英国版で大量に出品されているのです(2011年8月9日付け)。

ロンドンで暴動と略奪が続く中、こうした犯罪者が自分達が違法に取得した商品をオンラインに出品するのは時間の問題だった。40台もの16GBのiPhone4を、誰かが合法的に出品している可能性はありはするものの、この出品が何者かの冒険的略奪の結果である可能性もあるのだ。

や~、時期が時期だけに、後者で間違いでしょう。

ちなみに、お値段は320ポンドだそうです。箱から開けてなく、封がされたまま。1年間の保証書付きで、3台以上買う人には値引きすると出品主は言ってるそうです。

出品されたのは8月8日の夜。略奪が始まってからですね。英国の読者の皆様、ご自分の地域でアップルの製品が盗まれたとお聞きであれば、どうかお知らせ下さいと記事は結ばれています。

怪しさ満載の出品ですね。



blogrankbanner_12

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
こちらもフォローして!
あわせて読みたい
あわせて読みたい
なかのひと
携帯アクセス解析