ついけん

【拡散希望】香港から福島の原発と戦う勇士たちへの祈り~ #earthquake #prayforjapan #jishin

takosaburou ライター: takosaburou
カテゴリー: 東日本大震災
投稿日:2011/3/22
タグ: 東日本大震災 フクシマ50 福島烈士 香港

Twitter経由情報です。先だって、原発冷却に志願した人達が海外で「フクシマ50」と言う名前で紹介されている事をお知らせしましたが、この名前、香港でも有名になっているようです。地元の人が「福島烈士」として歌を作ってYouTubeにアップロードしておられます。

更にそれを、星夢亭さんがブログで紹介なさっています。これが中文版だそうです。



歌詞はこうだそうです。

曲名:《福島烈士》
元曲:《�胃瞞我瞞
アナザー : HKG(高登討論區)の皆さん (HKG は、2chみたいな日本最大の電子掲示板サイトです)
絵:Miss.Glassさん 、江盤0.02さん 、流蟻さん、崔秀英さん、模畫さん、毒身子さん、躑躅子さん
動画の制作:100%憤怒鳥さん

=歌詞= (右は和訳)

五十烈士為 堅守這島國土地
有任何難題 卻不提起
這最後任務 縱捨身為國未怕分離
強忍過 就算擠不出那力氣

�胃若能重回 我感恩答謝�胃
人性照耀大地 這光輝遍世紀
歷劫中總不會退避
儘管很想痛哭喘氣
勇氣 已�委佛寫進傳記

無言的等等等 輻射更深
仍留守崗位 心裡沒悔恨
祈求這意外沒發生 危機都不降臨
我流淚了 寄望從沒有 這地震

旁白:
「留守搶救核電廠的人
由50人增至180人
以50人為一組輪班工作
當中至少20人是自願留守
年齡多在50歲以上」

這就是人情 那光輝暖著我
而�胃做成人牆 為了家鄉會怕麼
若要哭不哭訴為何
每種悲泣也都聽過
願�胃 挽手此刻 會渡過

無言的生身心 耗盡每分
仍寧願將身體化做劍刃
還能笑說著沒要緊
危險都不過問 �胃瞞住我
繼續 留在那 化護蔭

旁白:
「這50人再度進入核電廠冒死進行灑水工作
在強輻射條件下,
其中70%的人員可能會在2周內死亡…。」

天災 磅礡的海嘯算甚麼
用�胃肌膚頑抗 用熱血維護我

無窮的風火海 侵襲�麗生
寒流中饑荒失意 淚與恨
仍前進 笑著臉 強忍
還等櫻花再臨 �胃陪著我
我亦 陪著�胃 去渡過

旁白:
「勇士們 謝謝�胃」

50の勇士が、この島国を守って

いる
どんな困難にも文句を言わず
このラストミッション死んでも

行く、

たとえ愛する人と別れても
強靭な忍耐。持てる全ての力を

出し切っても…

無事に戻ったら、君たちへ感謝

の気持ちを伝えたい
美しい人間性が大地を照らし、

この輝きは世代を超えて輝く
どんな苦難にも決して逃げず
泣きたくても耐え忍び
その勇気がまるで伝説を書い

ていた

無言で待って待って待って 放

射線レベルも高くなってしま

ってそれても自分の任務を遂

行し、心の中に、恨みの気持

ちも持たず
この事故発生しなければ、こ

んな危機も降りかからなかっ

たのに涙を流しながら、ただ

この震災がなかったことにな

って欲しいと

テロップ:
「この原発を救うために任務

にあたる技術者達は50名から

180名に増員となり、50名一

組で交替しながら作業にあたっ

ている。
そのうち、少なくとも20名は

志願により、任務にあたって

いる。年齢は、多くが50歳

以上である」

これこそが人の情け。この輝き

が、僕たちを暖めてくれる。
あなたは身を挺して人間の

築いた 国のために何も怖くない
泣きたくても泣かないのはなぜ?
もうありとあらゆる悲しみが目

の前で起きている
みんな、お願い。この時を、手

と手をつないで乗り越えよう。

言葉を持たない身と心、全力を

尽くして
ただ自分の身を盾にして
それでもまだ、「大丈夫だ」と

笑い、危険だという言葉を口に

せず。危険を隠して、
また現場に戻り、守り続ける

テロップ:
「50名は再び原発の中で、命が

けの注水作業にあたる。
この強烈な放射能の中にいるこ

とにより、70%の人が2週間以

内に死に至る可能性がある。」

天災、津波、お前達は一体なん

なんだ?
あなたたち勇士が全力で戦い、

その勇気が僕たちを守ってくれた

荒れ狂う風、炎、海 全てを襲う。
寒さの中、空腹と失望。涙と恨み。
また前へ進む。笑いながら、強靭

な忍耐で。
また桜の季節がやってくる、それを

待とう。
みんなで一緒にこの時を乗り越え

よう。

テロップ:
「勇士たち、ありがとうございま

す」




朝から泣けてしまった。誰かこの曲をカバーしてほしいなあ。

blogrankbanner_12

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
こちらもフォローして!
あわせて読みたい
あわせて読みたい
なかのひと
携帯アクセス解析