ついけん

孫正義、民主党議連で吼える。「わが国の情報通信戦略について」書き起こし Part2

kokumaijp ライター: kokumaijp
カテゴリー: USTREAM
投稿日:2010/11/10
タグ: ustream

民主議連ソフトバンク社長講演



民主党「情報通信議員連盟」総会、ソフトバンク孫正義社長の講演の書き起こし、Part2です。



Part1はこちら。

孫正義、民主党議連で吼える。「わが国の情報通信戦略について」書き起こし Part1



Part3(質疑応答)はこちら

孫正義、民主党議連で吼える。「わが国の情報通信戦略について」書き起こし Part3



@masason2







どうやれば税金を1円も使わずに、この新成長戦略を実現できるか。



民主党「情報通信議員連盟」総会でのSB孫正義社長講演38



日本の通信のインフラとして電話回線、メタル回線がある。



もともと電電公社、現在のNTTですね、このインフラであるメタル回線を持つ。光回線もいま引いてます。

その上に通信サービスを行っています。



2つの事業を実は行っている。

物理線のメタル回線、あるいは光回線を引く部門。

そしてそれを活用して通信するサービスをやっている。



2つの事業が1つの会社の中に入ってます。

これを上下分離で分社化する。



民主党「情報通信議員連盟」総会でのSB孫正義社長講演40



分社化して何がいいことがあるんだ?



A案、B案、わかりやすく表にしてみました。

国民が望むのはどっちかということで、ちょっと聞いてみました。



民主党「情報通信議員連盟」総会でのSB孫正義社長講演39



A案。

税金負担あり。

しかも地方切り捨て。

できあがるのは2025年以降ということで、2025年すらコミットしない。

光ブロードバンドサービスの国民負担は月5000円。

しかも工事代、家に引きこむ光工事代、あるいはユニバーサル基金、これは国民負担。

現在のNTTの労働人口を使う。





B案。

ずっと私が申し上げているように、税金を1円も使わない。

地方切り捨てせずに、全国で。

地方の出身の議員の先生もおられますが、先生のところの地元で選挙民の方々が必ずしも都心に住んでいる方ではない。

田舎のほうに住んでいる地元の方々を切り捨てていいか。

私は切り捨てるべきではない。



医療の機会均等、雇用の機会均等、教育の機会均等のために、誰も切り捨てない。

2015年じゃなくて2016年、約5年。

議論を始めてもう1年近くたちましたので2015年というのがちょっと1年後ろ送りになりますが、せめて2016年。



国民が光ファイバーを利用するときの費用は、現在のNTTの5000円ではなくて、1150円。

ユニバーサル基金だとか工事代、これはゼロ円。国民負担なし。

こういうB案。



民主党「情報通信議員連盟」総会でのSB孫正義社長講演41



現在電話しか使ってない人は、今まで通りの電話代のまま。

これはA案もB案もいっしょです。

電話しかいらないという人は今まで通り。



ただ違うのは、光ファイバーを使いたいというときに、5000円とられる今までのA案か、B案の1150円。



民主党「情報通信議員連盟」総会でのSB孫正義社長講演42



これを国民はどう思いますか。

ツイッターでアンケート調査してみました。



一晩で1300件、反応がありました。



民主党「情報通信議員連盟」総会でのSB孫正義社長講演43



98%はB案がいいという答えでした。



2%。

常に何を聞いても2%くらいはいろんな人がいます。

これはけっして私は否定しておりません。

100%というのはありえないわけですから、健全な証拠だと。



98%の国民は切り捨てられるのはイヤだ。

早くしてほしい。

安くしてほしい。



民主党「情報通信議員連盟」総会でのSB孫正義社長講演44



主なコメントとしては、

断然B案だ。とにかく早く整備してほしい。

地方活性化にダイレクトに繋がる。

田舎の実態を(タスクフォースの)委員の先生方に見に来てほしい。



というコメントが得られました。



民主党「情報通信議員連盟」総会でのSB孫正義社長講演45



2番目の質問。

これは実現できるのか?

1番目はA案B案どっちかという質問でした。



民主党「情報通信議員連盟」総会でのSB孫正義社長講演46



答え。

B案の実現は可能でした。

誰もやらないというのであれば、私がやってみせます。



「鳴かぬなら 鳴かせてみせよう ホトトギス」



誰もやらないというなら私がやってみせます。



民主党「情報通信議員連盟」総会でのSB孫正義社長講演47



税金を1円も使わずにメタル全廃して光に全部切り替える。

日本の天下国家がよくなる。



民主党「情報通信議員連盟」総会でのSB孫正義社長講演48



なぜそんなに税金使わずに、しかも安くできるのか。

簡単です。



今やってるのはどういうやり方かというと、注文が来るたんびに、個別接続です。

それでは高いですね。



水道管引くのに町中まとめて引きましょう。一括工事できます。



でも水道ほしいという家にだけぽっつんぽっつん行ったら細切れになりますから、工事代高くなってしょうがない。

遅々として進まない。

これがいまやってるA案です。



B案は一気呵成に計画的に引いていく。



民主党「情報通信議員連盟」総会でのSB孫正義社長講演49



いま現在、日本の通信インフラは2重構造になっております。

メタル線、50年前に引いたような古いメタルの電話線と、光線、これが二重にネットワークが張られている。

無駄遣いですね。



このメタルをなくすと年間7000億円、経費が浮きます。

実はこれが赤字の原因だったんですね。

メタル電話線が赤字の原因だった。



民主党「情報通信議員連盟」総会でのSB孫正義社長講演50



これをなくすと現在約3000億円の赤字が、2000億円の黒字になります。

経費が7000億減るわけですから、赤字が黒字になる。



民主党「情報通信議員連盟」総会でのSB孫正義社長講演51



NTTの現在の株主としたら、そんなことをやられたらNTTの株式価値が減るんじゃないか?

違います。増益になります。



約3000億円近い赤字を出している部門を切り離すわけですから、3000億近い増益になる。

したがって増益になれば当然株価はあがる。



民主党「情報通信議員連盟」総会でのSB孫正義社長講演52



新しく作るのに3兆円かかります。

この3兆円は税金使わずに誰が持ってくるんだ?



私が出します。



先生、3兆円税金を増税せえっちゅうたら先生方も困るでしょう?

日本の成長のために3兆円必要です。

増税せえ言ったら先生方も困る。



私が3兆円出します。

そうか、それならくるしゅうない。

そうでしょう?



日本の成長がタダで買える。

代理で私が払います。



それならくるしゅうない。

反対する国民いないと思います。



増税しないで日本を世界一のIT立国にできる。



最初の5年は私も赤字になります。

金がかかります。3兆円かかります。

年間4000億ぐらいかかります。



しかし、5年過ぎた後、メタルを全廃してるわけです。

5年過ぎた後、赤字のメタルを全廃してるわけですから、黒字になります。私儲かります。

そのあとずっと儲かります。

今の値段のままで。

安いメタルと同じ値段のままでやって、私は儲かります。



だから民間の銀行から全額資金調達できます。

ですから国民の税金は1円もいらない。

儲かるやらやらせてください、というお願いをしてます。



誰か困りますか?



先生方が国会で議論をして、NTT法という法律でNTTの企業形態が決まっております。



「赤字を切り離せ、以上。分社化しろ、以上」



これを国会で先生方が議論いただいて決断いただけば、タダで日本のインフラが21世紀型になる。

シンプルです。



腹を括ればいいだけです。

先生方がですね。



民主党「情報通信議員連盟」総会でのSB孫正義社長講演53



NTTの労組、先生方からして労組大事ですからね、労組が反対するんじゃないか。

よく話をしないと彼らも鵜呑みして反対する。

よく話をすれば、納得して賛成してくれます。



なぜか。

いまNTTの3分の1は50歳以上の社員です。

この人達が若いときにメタル回線を引いたんです。

この人達にもう1回、定年退職する前に、21世紀のインフラを引いていただく。



そしたら喜んで活用されるわけです。

生きがい出ますよね。



民主党「情報通信議員連盟」総会でのSB孫正義社長講演54



ですから労働者を切り捨てるのではなくて、むしろ達成ボーナスを払いますよ。

ですから雇用は維持できるどころかプラスアルファです。

処遇も維持どころかプラスアルファです。



民主党「情報通信議員連盟」総会でのSB孫正義社長講演55



結果、赤字が黒字になるわけですから、今までメタルで取ってる月1400円のままで光が提供できる。



民主党「情報通信議員連盟」総会でのSB孫正義社長講演56



かかるお金は、私は5000億円、資本を増資してやります。

今NTT東西が持ってるインフラ部分にかかわる1兆円の借金を私が代理弁済します。1兆円分私が代理弁済しますよ。



5000億円増資します。

新しい建設資金、3兆円を全額出します。



全部で4.6兆円。

国家予算いりません。



値上げせずに値下げして国民に提供する。

世界最強のインフラを提供します。

誰か困る人いますか。



それだったらくるしゅうない。



ぜひ、理解いただきたい。



ややこしい話じゃない。



通信の専門家ではない先生方にもわかる話だ。

小学生でもわかるよ。

ということを申し上げておきたい。



今インターネットで流れてますから、小学生も見ている。



ぜひそういうことで、国民の心とともに、先生方は歩んでいただきたい。



民主党「情報通信議員連盟」総会でのSB孫正義社長講演57



さきほどの2番目の質問。

実現できるのか?

A案B案どっち?

B案がいいと98%の国民が言ってる。



でもその案は絵に書いた餅じゃないか?

実現できるのか?



私がやってみせます。

4.6兆円のリスクをとって、やってみせます。

だから実現できます。



ボーダフォンジャパンを買収して2兆円払いました。

あのときに苦しいソフトバンクの状態で2兆円調達してやれたんだから、4兆円くらいできます。

心配しないでください。

自分で責任持ちます。



ですから、やれないという人にはやってみせると断言する。

というのが質問2に対するお答えです。





民主党「情報通信議員連盟」総会でのSB孫正義社長講演58



質問3。

ソフトバンクがやるのはいいけど、今度はソフトバンクが国民の大切な通信インフラを私的独占するんじゃないか?

わけのわからん孫というヤツが。

別の私的独占になるのは困るよ。



という質問があります。

これにお答えします。



民主党「情報通信議員連盟」総会でのSB孫正義社長講演59



一人ででもやってみせますが、責任持ちますが、よろしければ共同出資で他の資本参加したいという人がいれば、よろこんで受け入れます。

誰もいなければ、一人ででもやります。



私的独占困るとNTTの方がおっしゃるなら、KDDIの方がおっしゃるなら、あなたも資本参加してよろしいですよ。私はよろこんで受け入れます。

儲かるんだから一緒にやりましょう。

国のためだから一緒にやりましょう、というのが3番目のポイントです。





民主党「情報通信議員連盟」総会でのSB孫正義社長講演60



オープンで規制も受け入れるし透明性確保もします。



民主党「情報通信議員連盟」総会でのSB孫正義社長講演61



具体的にいくと、いま国は、皆さん方が運営している日本政府が40%、NTTの筆頭株主です。

それに対してNTT20%、KDDI20%、ソフトバンク20%、という形で、国が持っているNTT株式を実質的な株式交換、新会社の株と実質的株式交換2000億円分やる。

残りの1.8兆円分はNTT株で持ったまま。

新会社のほうに2000億円分だけ実質的株式交換を行う。



ですから新たな税金投入ゼロですね。



そして新たな増資としてNTT、KDDI、ソフトバンクが1000億円ずついれる。

これが共同出資案構想です。





民主党「情報通信議員連盟」総会でのSB孫正義社長講演62



もう1つ案があります。



それは現在のNTTを2社に分割する。

新アクセス回線会社と、残り。



この新アクセス回線会社は現在のNTT株主のまま。

現在のNTT株主は2株もらう。



そのアクセス回線会社に我々とかKDDIとかその他有志が、増資という形で参加する。

これが2案です。





どちらでも私は結構です。



だれも乗る人がいなければ1案で、ソフトバンク1社ででもやってみせます。



民主党「情報通信議員連盟」総会でのSB孫正義社長講演63



他の国に事例はないかと調べました。

シンガポールに似たような例がありました。

ですから日本だけじゃない。

こういう議論は他の国でもなされている。

実現されている。



民主党「情報通信議員連盟」総会でのSB孫正義社長講演64



現在の総務省のタスクフォースで議論されているのは、3つの案があります。



現在のNTTの形態のままで、会社のなかにチャイニーズウォール(同一企業内の部門間に設けられる情報障壁)を作って機能分離する。会社の形態は変えない。

これだといろんな弊害があります。



真ん中。

現在のNTT持株の真下のままで、NTT東西と同じように、グループ会社のままでやる。

これだと実質的に分社化にならない。



3番目。

資本分離の完全分離。

これが私が先程から申してるやつです。





民主党「情報通信議員連盟」総会でのSB孫正義社長講演65



これがA案B案C案を比較した表。

今はNTTによる私的独占ですが、これを公益的提供にしましょう。

そのほうが遥かにいいですよ。



民主党「情報通信議員連盟」総会でのSB孫正義社長講演66



他にこういう案を言うと、ケーブルテレビ、あるいは電力会社の方々から、設備競争がなくなるのでよくない、とおっしゃいます。



じゃあ設備競争の是非ってどうなんだろう。

国民の意見で考えましょう。



民主党「情報通信議員連盟」総会でのSB孫正義社長講演67



国民が設備競争に求めるものってなんですか?

早く引いてほしい。

安く引いてほしい。

隅々まで引いてほしい。



この3つですね。それ以外は何もない。



設備競争に求める国民目線の要望。

この3つしかない。



現在どうか?

設備競争している現在どうか。



遅い。

高い。

一部地域だ。



設備競争というけれど、何のいい答えになってない。



私は電力さん、ケーブルテレビの人が都市部のいまでも競争力のあるところで、彼らが儲かるところで設備競争を継続されるのは大いに結構。



彼らですら離島にコミットしてません。

山間部に引くというのはコミットしてません。



ですから彼らがやりたがらない全国隅々まで、今でも安くということを、この共同出資会社で行ったらどうか、と。





民主党「情報通信議員連盟」総会でのSB孫正義社長講演70



光、光と言うけど利用率はどうなんだ。

いまは3割しか使われてません。

3分の1しか。



しかし残り3分の1はADSLでつながってる。

ADSLは私のいま申し上げてる案で言うと、さっきのB案でいくと、ADSLより安くて、ADSLより速い速度、高性能であれば、当然ADSLの人もすぐ光に乗り換える。

ということで3分の2の家庭で使う。



民主党「情報通信議員連盟」総会でのSB孫正義社長講演71



残り3分の1の家庭には、電子教科書、電子カルテ、これを無償でつないでみせます。



ということで光のインフラは100%の利用率になる。



ここでいう光100%というのは無線もOKですよ。

私が言ってるのは無線を否定しているわけじゃありません。

メタルを否定してるんです。

メタルが赤字なんです。

メタルは100%光に換えましょう。



光アンド無線、両方家でほしい、職場でほしい、外でほしい、これが世の中の人々の要望だと思います。



民主党「情報通信議員連盟」総会でのSB孫正義社長講演72



ですから黒電話しかいらないという田舎のおじいちゃん家でも、孫が遊びにきたときに電子教科書がWi-Fiで繋がる。

在宅医療でお医者さんが来たときに電子カルテがぱっと繋がる。





民主党「情報通信議員連盟」総会でのSB孫正義社長講演73



NTTのメリットはどうか。

先程言いましたように、赤字部門切り離しですから、増益になる。



民主党「情報通信議員連盟」総会でのSB孫正義社長講演74



NTT株主のメリットはどうか。

赤字が増益になるから株価は上がる。



民主党「情報通信議員連盟」総会でのSB孫正義社長講演75



国民のメリット。

安くなる、全国になる。



民主党「情報通信議員連盟」総会でのSB孫正義社長講演76



基本的人権として、いままでは自由権、社会権、参政権を皆さん方は議論してこられた。これに新しい21世紀の人権として情報アクセス権がある。



民主党「情報通信議員連盟」総会でのSB孫正義社長講演77



その上方アクセス権で、教育の機会均等、医療の機会均等を実現しましょう。

田舎にも離島にも光100%。



民主党「情報通信議員連盟」総会でのSB孫正義社長講演78



自治体のメリット。

地方自治体でも競争力を取り戻せる。



民主党「情報通信議員連盟」総会でのSB孫正義社長講演79



税金ゼロで成長戦略に役立つ。



民主党「情報通信議員連盟」総会でのSB孫正義社長講演80



国民、株主、NTT、国(自治体)。

四方よし。

四方みな両得。







民主党「情報通信議員連盟」総会でのSB孫正義社長講演81



最後に申し上げます。

いま先生方のところで私は口から泡を飛ばして申し上げております。



我々には何もない。



NTTさんには労組があります。

労組の献金だけで1億円。

天下りは30人以上、毎年のようにきております。



選挙支援として17万人。

メディア対策として、後ろに来ておりますメディアの人たちに年間900億円広告宣伝費が行っている。



ソフトバンクは一切こういう比較論で言えば、先生方からみても17万の投票どうしよう。

大切な問題ですね。選挙あるわけですから。



でも考えてください。

17万人を選ぶか、残り98%の国民の声を選ぶか。

先程のアンケートの結果です。



98%の国民は安いほうがいい。

早いほうがいい。

全国がいい。



17万人の目先の欲に目がくらんではいけない。

はっきりと言っておきます。





私たちには志しかありません。



志を理解いただける方に、口から泡を飛ばして説き歩く。

これしかありません。



でも私は諦めません。





民主党「情報通信議員連盟」総会でのSB孫正義社長講演82



天下りリストです。

あとでコピーを配りますから、ぜひじっくり見てください。



この天下りリストを見て国民の怒りが爆発しないか。



この天下りリストの癒着構造で、だから高くてもいいのか

だから国民を切り捨ててもいいのか

だから遅くなってもいいのか。

だから地方の税金使ってもいいのか。



先生方思われたくないでしょう?



そんなものたちに与するのか?

アジっておきます。





民主党「情報通信議員連盟」総会でのSB孫正義社長講演83



最後に、メタルは誰のものか?

国民のものです。



国民が電話加入権、1回線あたり7万2000円払ったんです。

そのお金で隅々まで引いたんです。



そのおかげで電信柱とか、電話線を引いたんです。



ですからこれを私は全廃してひっぱがそうと申し上げている。

ひっぱがすには国民のコンセンサスがいる。

その国民には古い電線はひっぱがすけど、同じ値段でもっと性能がいい光を希望者全員にお届けします。



離島に住んでいても、山間部にもお届けしますから、国民の皆さん、ご理解ください。



それよりも高くなるほうがいいですか?





NTTはこれ(電話加入権)を返さないと決めたんですね。

4.7兆円も国民から貰ってるんです。

権利金です。

アパートで言えば権利金ですよ。

敷金、権利金ふつう返しますよね。

電話加入権の権利金を返さない。



ゴルフ場だって会員権返さないと怒られますよ。



国民から4.7兆円預かって返してないわけですから国民に帰属する。



民主党「情報通信議員連盟」総会でのSB孫正義社長講演84



そういう意味で大政奉還すべきだ。

国民に大政奉還すべきだ。





民主党「情報通信議員連盟」総会でのSB孫正義社長講演85



税金ゼロで光の道を、今すぐ。



民主党「情報通信議員連盟」総会でのSB孫正義社長講演86



20世紀には、車の道、水の道、電気の道、電話の道がインフラで作られた。



21世紀に、情報の道としての「光の道」を引こう。



という原口総務大臣(当時)のビジョンに私は心から共鳴しております。





先生方、思い出してください。

民主党(政権)になって何年目ですか?

4年後にはまた選挙があります。



民主党「情報通信議員連盟」総会でのSB孫正義社長講演87



新しい政府ができて、明治新政府ができて、最初の5年に明治政府は何をしたか。

金はなかった。

国民の賛同も十分にコンセンサスとれてなかった。



でも明治新政府の政治家の先生方は、国民の目に見える形で成長を約束した。



電信のインフラを引いた。

義務教育を作った。

断髪令、廃藩置県。

郵便だ、鉄道だ。

こういうインフラを最初の5年間でやったんです。

成長戦略が目に見える形で描かれた。





今の日本の民主党に一番欠けているのは何か?



成長が見えない。



これが国民の本質的不満です。

どんどんプライドが失われる。



これを取り戻す。

これ以上の説得は何があるんだ。



民主党「情報通信議員連盟」総会でのSB孫正義社長講演88



IT立国。

戦略は絞るべきだ。

100を並べ立てる戦略なんて戦略じゃない。





日本のためによろしくお願いします。





民主党「情報通信議員連盟」総会でのSB孫正義社長講演90









Part3(質疑応答)はこちら

孫正義、民主党議連で吼える。「わが国の情報通信戦略について」書き起こし Part3









関連記事

孫正義ソフトバンク社長の講演・対談・スピーチ書き起こしまとめ (ツイッター総研)


blogrankbanner_12

トラックバックURL

コメント一覧

    • 1.
    • 2010年11月11日 02:30
    • 日本を解体したい民主党では、何も起こらない。
      政権交代後からが、スタート!
    • 2.
    • 2010年11月12日 00:32
    • 熱い!一緒に働きたい!
    • 3.
    • 2010年11月12日 12:43
    • 書き起こし
      ありがとう!
    • 4.
    • 2010年11月13日 00:34
    • 書き起こしありがとうございます!
      映像を見ていて気づいた点ですが、
      > 現在の総務省のタスクフォースで議論されているのは、3つの案があります。
      >
      > 現在のNTTの形態のままで、会社のなかにファイアウォールを作って機能分離する。会社の形態は変えない。
      > これだといろんな弊害があります。
      の部分は、
      誤:ファイアウォール
      正:チャイニーズウォール
      だと思われます。
    • 5. kokumai.jp
    • 2010年11月13日 00:44
    • ご指摘いただいた部分、修正いたしました!ありがとうございます。
      > 誤:ファイアウォール
      > 正:チャイニーズウォール
    • 6. くだらない。
    • 2010年11月14日 01:46
    • もう、国内の銀行は孫を相手にしていない。
      それだけ「リスク」が大きいと判断しているため。
      そんな「リスク」に日本を任せることができるのか?
      総務省も、識者も、日経にも愛想をつかされているのに・・・。
      民主党はなにやってんだか・・・。
      このブログに客観性を加えるために、以下のURLをば。
      http://pc.nikkeibp.co.jp/article/news/20101110/1028434/
      もし記事が削除されていましたら、「数値が信頼できない」というキーワードでググッて下さいな。
      このキーワードで検索されるのは「ソフトバンク 孫」の記事「だけ」です。日本で唯一の検索結果を是非!

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
こちらもフォローして!
あわせて読みたい
あわせて読みたい
なかのひと
携帯アクセス解析