ついけん

自宅やオフィスが“ツイッター風”になるウォールステッカーを貼ってみた

kokumaijp ライター: kokumaijp
カテゴリー: 生活
投稿日:2010/9/9
タグ: ツイッター 生活

Yiying Lu's BigWallGraphics



「ツイッターのクジラ」こと“Fail Whale”をデザインしたイーイン・ルーさんが企画に関わっている、LTLプリント社プレミアムウォールグラフィックス(ウォールステッカー)を入手しましたので、実際に壁に貼ってみました。



貼ったのはこちらのウォールステッカー、“Lifting a Dreamer”です。



LTLprints BigWallGraphics



“Lifting a Dreamer”の意味を知りたい人はこちらのインタビュー記事をどうぞ。



では実際に貼るところを見てみましょう。





いまパソコンがある作業場所の壁は面白みのない木目の壁です。

この壁にウォールステッカーを貼ることにしましょう。



e0260395.jpg





ウォールステッカーはこのように台紙に貼られた状態で送られてきます。

ウォールステッカー自体はざらざらとした布のような材質です。

このウォールステッカーは“ラップトップ”という一番小さいサイズのもので、大きさはA4サイズをひとまわり大きくしたくらいです。



138f28da.jpg





大きさの比較のためにマウスを並べてみました。



27a17230.jpg





ウォールステッカーの端をめくって、台紙からはがします。

スッと軽くはがれます。



a96c3e88.jpg





どんどんめくっていきます。



9084c0ed.jpg





完全に台紙からはがしました。指でつまんで持っている状態です。



9ef58a6a.jpg





壁に貼ります。

端から押さえながら貼っていきますが、シワにならないよう気をつけるくらいで、特に神経質になる必要はありません。



a22ecf07.jpg





完全に壁に貼った状態です。

貼るときに軽く押さえただけですが、しっかりと固定されています。



2164434d.jpg





次に、一度貼ったウォールステッカーをはがしてみます。

端をめくれば、すぐにはがれます。



6103f3ab.jpg





するするっとはがれます。

接着剤など一切つかっていないので、壁が傷ついたり、跡が残ったりすることがありません。



fe06a520.jpg





わかりにくいですが、さきほどよりはちょっと位置を下にさげて貼り直しました。



5f26611c.jpg





パソコンのモニタから視線を左に移すと、ツイッターのクジラが。



bded3660.jpg





気分はツイッター社の社員です。(笑)



ce3585f1.jpg





●注意点

ウォールステッカーは非常に薄いため、濃い色や模様がある壁に貼った場合、ステッカーから透けて見えることがあります。



私の場合は、クジラの白い部分にうっすらと木目の壁が透けて見えたり、壁のつなぎのタテの線が見えたりします。







●購入



購入はこちらのサイトから。LTLプリント社はアメリカの会社なので、輸入する形になります。

日本だと送料が$3.95かかります。

支払い方法はクレジットカード、またはペイパルです。



LTL PRINTS > > > YIYING LU PREMIUM WALL GRAPHICS



LTLprints





LTLプリント社はイーイン・ルーさん以外にも、有名キャラクターなどのウォールステッカーを数多く取り扱っています。

興味を持たれた方はLTLプリント社のトップからどうぞ。











関連記事



“夢見る人を運ぶ”「ツイッターのクジラ」作者 イーイン・ルーさんインタビュー



「ツイッターのクジラ」キャラクターグッズにウォールステッカー登場


blogrankbanner_12

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
こちらもフォローして!
あわせて読みたい
あわせて読みたい
なかのひと
携帯アクセス解析