ついけん

“夢見る人を運ぶ”「ツイッターのクジラ」作者 イーイン・ルーさんインタビュー

kokumaijp ライター: kokumaijp
カテゴリー: ビジネス
投稿日:2010/8/7
タグ: ツイッター ビジネス

イーインルーインタビュー



先月7月14日に、「ツイッターのクジラ」の作者として知られるデザイナー、Yiying Lu(イーイン・ルー)さんのインタビュー記事(英語)が公表されました。これは彼女が新しく発売する商品をプロモートするためのインタビューです。



「ツイッターのクジラ」自体はよく知られていますが、その作者であるイーイン・ルーさんのことはあまり知られていないため、彼女を紹介するのに適した内容であるこのインタビュー記事を日本語に翻訳しました。





イーイン・ルーさんはまだ若く美しい女性ですが、このインタビューを読めば、アーティスト、デザイナーとしても稀有な才能を持つ人物であることがわかるでしょう。





この翻訳はLTLプリント社およびイーイン・ルーさんご本人の許可をいただいています。





インタビュー記事の日本語訳にあたって、イーインさんから日本語でメッセージをいただきました!

日本のみなさん、初めまして。私はYiying Luです。みなさんの夢を運びたい。:-)

cc @kokumaijp2010-08-08 00:13:26 via web





翻訳元のインタビュー記事:

Interview with Australian Designer Yiying Lu (Twitter Fail Whale Creator) About Her New Wall Art Collections



翻訳協力:

Taku Sudo @pseud_taku

英語翻訳ボランティアの協力なしにはこの記事はありませんでした。@pseud_takuさん、ありがとうございました!





Yiying Lu with Lifting a Dreamer Whale

Photo by StarryImage



LTLプリント社は、オーストラリアの高く評価されているアーティスト・デザイナーであるイーイン・ルー(Yiying Lu)の代表的な作品の高級ウォールステッカー、特大サイズのキャラクターのカットアウトの独占販売を開始しました。



http://www.LTLprints.com/Yiying





yiying wall graphics10



yiying wall graphics12



yiying wall graphics14



yiying wall graphics15



yiying wall graphics11



yiying wall graphics9



yiying wall graphics13



yiying wall graphics16







LTLプリント社のイーイン高級ウォールステッカーは、ノートパソコンサイズから約2mの高さまで、あらゆるサイズを用意しています。また、接着剤不要で、どんなところ(壁、窓、天井)にも貼り付けることができ、壁を傷めずに何回でも貼り直すことができます。



価格はノートパソコンサイズのもので$14.95から、LTLプリント社オリジナルの2mサイズの「larger than lifesize」で$149.95です。





Yiying Picks Up a Light Bulb



陸怡穎(イーイン・ルー)さんについて



イーイン(怡穎)という名前は漢字では二文字で表記されます。 「Yi(怡)」は幸福を表し、「Ying(穎)」はクリエイティブという意味を持ちます。



イーインはアイディアガールで、グローバルな考えを持ち、アートとテクノロジーを融合させた独自性のある多面的なビジュアルコミュニケータです。



上海で生まれ、10代でシドニーに移住したイーインは、イギリスとオーストラリアで教育を受けた。ロンドンのセントラルセントマーティンズカレッジオブアート&デザイン(ロンドン芸術大学のカレッジの1つ)と、シドニーのニューサウスウェールズ大学で学び、2007年にシドニー工科大学デザインビジュアルコミュニケーション学部を最優秀生徒として卒業しました。



イーインはソーシャルネットワーキングサイト「ツイッター」の“Fail Whale”を描いたイラストレーターで、それによりCNN、ニューヨークタイムズマガジン、BBC、NPR(全米公共ラジオ)、ワイヤードマガジンなどで注目を集めました。



また、イーインのデザインや作品は、Anna Sui New York(ファッション)、メイベリン(化粧品)、ゲッティイメージズ(写真素材)、グラムメディア(女性向け広告メディア)、JWT(大手広告代理店)、サーフライダーファウンデーション(環境保護団体)、シドニー工科大学、マッキャンワールドグループ(マーケティング)、LTLプリント社などで起用されています。



Yiying with Birds





LARGER THAN LIFEインタビュー

イーイン・ルー






“Lifting a Dreamer”の物語



今や“Fail Whale”と呼ばれるようになったあのツイッターのアイコンは、もともと“Lifting a Dreamer(夢見る人を運ぶ)”という名前で、海外の友人のために描いたグリーティングカードでした。



私は2002年にオーストラリアに引越し、ニューサウスウェールズ大学の国際デザインとメディアを学ぶ準備課程に入学しました。

その頃、上海で一緒に育った友人たちとメールやMSNメッセンジャーで連絡を取り合っていました。





“Lifting a Dreamer”はもともと、鉛筆でゾウを描いたものだったんです! 故郷の友達のために、また私の参加できないイベントに送って、せめてみんなが見て楽しめるグリーティングカードを作りたかったんです。

自分のホームページにこの画像を載せましたし、また出席できなかった誕生日会や卒業式やパーティーがあったときにMSNで友達や家族に画像を送ったりしていました。



Lifting a Dreamer originally featured an Elephant  drawn with pencil!



実のところ、私は大きな願望を持っていました、それはこの象のようにとても重かったんです。鳥たちはわたしの自由の精神と希望を表しています。

当時私はサルバドール・ダリやルネ・マグリット、そして同時に日本と中国の漫画が好きで、これらが私に遠く離れた愛する人たちに私の希望を届けるというイメージを描かせたのです。





私は長年にわたっていろいろな媒体を通し、文字通り何千もの動物のイラストを描いてきました。

2007年のはじめ、ロンドンのセントラルセントマーティンズでの交換留学からオーストラリアに帰国した後、私は「鳥が象を持ち上げる」イラストに手を加え、メールで送れるようにサイズを小さくしたフルカラーのベクター画像を作成しました。このときゾウをクジラに変えたのですが、これは当時私がニューサウス「ホエールズ」* に住んでいたからなんです。




* ニューサウスウェールズ州はオーストラリア南東部の、シドニーがある州。New South WalesWhalesをかけている。



最初はやはりeカードとして、ロンドンの友人のパーティに送りました。ツイッターの共同創業者の一人ビズ・ストーンがそれをオンラインで見つけ、ツイッターがオーバーロードしているときのページに使用されるようになりました。







以下は“Lifting a Dreamer”のいろいろなバージョン



Fail Whale



Day Dreamer



Lifting a Dreamer Whale



Lifting Dreamer Elephant with speech bubble











インスピレーション



私は普段の生活や周りの人たちからインスピレーションを受けています。 私にとってインスピレーションは、どこにでもあるものなんです。 ココ・シャネルは、「ファッションは単に服装の問題ではない。ファッションは空気中に、風の中に生まれてくる。我々はそれを感じるのです。ファッションは空に浮かんでいたり、道路に転がっていたりします」と言っていますが、私は彼女のビジョンはファッションだけでなくデザインやビジュアルコミュニケーションにも当てはまると思うんです。 私は多様な分野や文化からそれぞれ別の影響を強く受けました。 アートや音楽、ファッションからは特に大きなインスピレーションを受けています。



でも、ニュースもそうですね。絵本も。「おとくなサイはいかがです?」、ピーター・ニューウェルの「トプシーとタービー(Topsys&Turvys)」!*1 ポール・ランドの“アイ(目)、ビー(蜂)、エム” *2 と、アラン・フレッチャー*3の“Art of Looking Side Ways”。


コミックス、アニメ、日本のマンガ。日本や中国の昔のポルノ画(春画など)。タゾ(メンコ)。宮崎駿。ロボット・チキン *4。クセイニヤ・シモノヴァ *5。 オズヴァルド・カヴァンドーリ*6 。ブルーノ・ムナーリ *7 とソール・スタインバーグ *8 から、エドワード・デ・ボノ*9

メンフィス *10 とバウハウス *11。ジョージア・オキーフ *12。原色。図形やテクスチャ、オブジェクト。トルマリン。ジェラート。わさびピー、コアラのマーチ。

404 Not Foundページにある思わず笑ってしまうイラスト。上海、シドニー、ロンドンの街のあちこちにあるシェパード・フェアリー *13 のアンドレ・ザ・ジャイアントのステッカーとウィートペースト *14。韓国の辛いラーメンのどんぶり。TED talk *15 のYouTubeのビデオ。友達からのSkypeコール。エリザベス・ギルバート *16 のオーディオブック。



インスピレーションはどこからでも...






*1 「おとくなサイはいかがです?」、ピーター・ニューウェルの「トプシーとタービー(Topsys&Turvys)」:どちらも有名な絵本

*2 ポール・ランド:グラフィックデザイナー。IBMのロゴデザインで有名。Eye-Bee-M-Poster

*3 アラン・フレッチャー:イギリスのグラフィックデザインの父と呼ばれる

*4 ロボット・チキン:コマ撮りアニメ

*5 クセイニヤ・シモノヴァ:ウクライナ人のサンド・アーティスト

*6 オズヴァルド・カヴァンドーリ:イタリア人カートゥーン作家

*7 ブルーノ・ムナーリ:イタリア人グラフィックデザイナー

*8 ソール・スタインバーグ:ルーマニア生まれ、アメリカのイラストレーター

*9 エドワード・デ・ボノ:水平思考を提唱した心理学者・コンサルタント

*10 メンフィス:イタリアのデザイン集団

*11 バウハウス:ドイツの美術建築学校

*12 ジョージア・オキーフ:アメリカ人女性画家

*13 シェパード・フェアリー:プロレスラー、アンドレ・ザ・ジャイアントのステッカーを大量に貼るというアートワークで有名になったグラフィックアーティスト。オバマ大統領のプロモーションポスターも手掛ける

*14 ウィートペースト:水と小麦粉で壁に貼るポスター

*15 TED talk:有名人のトークが無料で聞けるサイト www.ted.com

*16 エリザベス・ギルバート:アメリカ人作家








お気に入りのTED TALK























iPodには何が入ってますか?



私は60GBのiPodを持っていて、容量はいっぱいです。

あらゆる種類の音楽を聴きますね、ビートルズやビーチボーイズから、ベートーヴェンまで。中でもドビュッシーが大好きです。私は父が日本から持ち帰った莫大な量のクラシックのCDを聴いて育ちました。また、いろんなジャンルの音楽、 カミーユ・サン=サーンスやドヴォルザーク、ビージーズやペットショップボーイズも聴きました!

6歳か7歳のころにカーペンターズを踊りながら歌っていた記憶があります。母の妹は女優で歌手だったので、アメリカのレコードを持ってきてくれました。今はこういう音楽を聴くと家のことを思い出します。 時々、故郷の上海へのホームシックを感じると、シドニーで80年代のケニーGやリチャード・クレイダーマンを聴きます。誰にも言わないでくださいね!



今日iPodに何が入っているかですか? あらゆるジャンルですよ! ダフトパンク、カフェ・デル・マール、ファンタスティック・プラスティック・マシーン、フジヤ&ミヤギ、ロイクソップ、エアー、マッシヴ・アタック、ステファン・グラッペリ、フューチャー・バイブル・ヒーローズ、ドアーズ、ABBA(アバ)、ピンク・フロイド、バッハ、スウェード(The London Suede)、ボブ・マーリー... あとは何曲か古い中国と日本のアニメのテーマ曲が入ってますね!



あと、バグルス(The Buggles)が大好きなんです! 「ラジオスターの悲劇」とか、「モダン・レコーディングの冒険」とか!












いいデザインについて



グラフィックデザイナーであるステファン・サグマイスター氏の、「死ぬ前にすべきこと」という分厚いリストがあって、その最後の項目が「グラフィックデザインで誰かを感動させる」というものなんです。これに強いインスピレーションを感じました。



私の個人的ないいデザインの考え方はとても簡単なものです。

「いいデザインは心を笑顔にする」



また、4F理論というものがあります。

「機能と面白さはかたちを先行する」(Form Follows Functionality + Fun.)というものです。



いいデザインというものはオーガニックで直感的でありながらも、機能を果たすものであると思っています。



わかりやすく言うと、私の作品を手に取る人たちに知性と笑顔を届けたいんです。






YiyingLu: Creativity is this bunny in my avatar: it should climb out of the hat naturally rather than being pulled out.









シドニー現代美術館でのイーイン



私はシドニー現代美術館で催された「2010 Creative Sydney」というイベントを内覧しました。そこでフォトグラファーのプルー・ルイントン氏と、“Fail Whale”の新しい仲間たちをステッカーフォトブースに公開してきました。



これらの動物と吹き出しは、LTLプリント社から貼り直し可能のプレミアムウォールステッカーとして販売されています。このイベントでは気に入ったキャラクターを自分の体やフォトブースの壁に貼ってもらうことができました。皆さん本当に楽しそうでしたよ!






イベントでの写真



Sydney Museum of Contemporary Art



参考リンク

http://www.myspace.com/fantinepritoula





美術館を訪れた方たちは吹き出しのステッカー(Tweet Birdのかたちをしている)を使ってイベントについての感想、あるいはツイッターにポストしたいツイートを書くことが出来ました。そしてフォトグラファーによる記念撮影、またはiPhoneやデジカメで写真を撮ってツイッターやfacebook、twitpic、flickrなどのソーシャルメディアサイトにポストすることができました。



以下は、イベントでの写真(撮影:プルー・ルイントン氏)



Sydney Museum of Contemporary Art

Sydney Museum of Contemporary Art

Sydney Museum of Contemporary Art





デイリーテレグラフ:クリエイティブシドニー@シドニー現代博物館





VIVID IDEAS Creative Sydney











ご自身のデザインのマッシュアップ(二次創作)についてどうお考えですか?



私の作品が他の誰かにインスピレーションを与えて何か新しいものを作らせるっていうのが大好きなんですよ。



クリエーションがクリエーションを生み出すという過程に少しでも貢献できることが嬉しいですね。






BP Fail Whale



The FA



The Gulf of Mexico is over capacity



Homer the New Fail Whale by edwheeler



GO GREEN WITH SMRT 5 Jun ? 30 Sep 2010 Win 1-year free travel for 4



Fail Whale Soccer balls



Fail Whale Android



Fail Whale Pale Ale



※参考リンク

What is Fail Whale?

The Story of the Fail Whale

Fail Whale Cares Zazzle Gallery









エドワード・デ・ボノのシンキングハット * でいうとどれに当てはまりますか?



自分は信号みたいだと思いますね(笑)

だいたいいつもグリーン(創造的)と赤(感情的)、忙しくなると黄色(楽観的)をかぶるようにしています。



でも、ときどきブラック(理論的)をかぶることも必要です...

そうすることでウサギが帽子からでてくるようにアイディアが浮かぶことがありますから!




Yiying Thinking Hat



* エドワード・デ・ボノのシンキングハット:ものごとを考えるときに、思考の方向性を6つの帽子に見立て、意識的に帽子を脱着するような感覚で考え方を変えてみるという思考法。



参考リンク

エドワード・デ・ボノの”Six Thinking Hats”









ニューヨークタイムズより



イーイン・ルーはシドニーのアーティスト兼デザイナーで、動物をモチーフにした魅力的なイラストを数多く手がけている。彼女のポートフォリオの中でも一番有名だと思われるのが、小さな鳥の群れに持ち上げられた美しいクジラを描いた作品だ。オンラインソーシャルネットワーキングサービスのツイッターにハマっているユーザーにとって、この“Fail Whale”は他のどんなロゴよりもわかりやすいアイコンであり、他に比べて遥かに人気がある。Tシャツを買うものもいれば、ファンクラブに入っているものもおり.....



The New York Times: A Successful Failure

ニューヨーク・タイムズ:成功した失敗








シドニーモーニングヘラルドより



アートとテクノロジーとは、奇妙な組み合わせに思われるが、“Fail Whale”の作者であるイーイン・ルーの手にかかれば、面白い結果が待っていると信じてよいだろう。上海出身で現在シドニーに拠点をおいている彼女は、小さな鳥の群れに持ち上げられ水からあがる白いクジラの絵で有名である。この作品は有名なマイクロブログサイト、ツイッターがオーバーロードしたときのアイコンだ。



アートとテクノロジーの連携は彼女にはお手のものということもあり、金曜日からシドニーで始まるオーストラリア初となるウェブ・ウィークで彼女の名が大々的に喧伝されているのも不思議なことではない。彼女自身初の個展となる無料展示会では、最新のウェブテクノロジーやソーシャルメディアとアーティスティックな作品の融合の世界を楽しむことが出来る....



The Sydney Morning Herald: Modern Art, But Not as You Know It

シドニーモーニングヘラルド:あなたの知らないモダンアート








スクロールマガジンより



仮に主格決定論 * の事例が今までにあったとしたら、イーイン・ルーはまさしくそれだろう。上海で育った彼女の名には、上海語で「幸せ」という意味と「クリエイティブ」という意味がある。2007年に大学のテクノロジーデザイン課程を優秀な成績で卒業した彼女はそのときすでに100人の次世代イノベーションリーダーとしてオーストラリアン紙に名前があがっていたが、20代前半のこの活発的な女性を一目見れば、彼女が幸せであるということがすぐわかる。また、ポートフォリオをみれば、彼女の有名な作品をよく知っている人が言うように彼女がいかにクリエイティブかということがわかった....(中略)



...かわいらしい動物たちのシールは一見、デザインやアートなど全く扱わない、難しい数学と科学に特化した学校の名誉ある卒業と矛盾しているように思われる。しかし、この矛盾こそイーインの世界の捉え方の中心にあるのだ。 左脳人間だったイーインは、ベッドの下の引き出しが、日本と中国のマンガで文字通りあふれんばかりだった。イーインは若い頃右脳の能力が弱いと考え、テクノロジーを勉強することを選択した。そして、その努力しなければついていけなかった教育のおかげで身に付いた数学的思考が、現在高度なソフトウェアを使用する時から最近着手した「Aussigami」プロジェクトの複雑な折り目を決定する際にまで、さまざまな場面で役に立っている。(「Aussigami」プロジェクトとは、一人で折れるオーストラリアの生物をあしらった折り紙プロジェクト)



* 主格決定論:nominative determinism. 名前が人生や能力に影響を及ぼすという考え方。



Scroll Magazine: John Allsopp finds out what makes the creator of Twitter’s iconic Fail Whale tick.

スクロールマガジン:ジョンオールソップ “Fail Whale”の作者はなぜ魅力的なのか








シドニーセントラルマガジンより



“Fail Whale”がツイッターのオーバーロード時のロゴに使用されて以来、アーティストのイーイン・ルーはオンラインアートコミュニティであこがれの的になっている。



今週の展覧会では、デジタル、物理的、そして商業的の3つの世界をつなぐ新しいタイプのハイブリッドクロスコミュニケーションを形作る作品をルーは展示する予定だ。



「これはアートの理解を広めるということで、普通の、あるいは伝統的なアートとは何かという理解とは必ずしも一致しません」 ルーは言う。「アートは何にだってなれるんです。アートはどこにでもあり、そこには境界なんてものはありません」



彼女にとって、アートは主に刺激に対する人の反応だ。「町中であるビジュアルコミュニケーションに出会うことがありますね。それだってアートになるんですよ」 そう彼女は言う。



反応を引き起こすものではなくその反応が、彼女にとって何がアートを構成するかを決定する上で重要なのだ....



Sydney Central Magazine: Young Artists All a Twitter

シドニーセントラルマガジン:若いアーティストはみんなツイッターを使う












“Aussigami プロジェクト”について



これは、私が数年間進めているプロジェクトです。2011年に開始されます。




cover of Aussigami Project











過去の実績



最近けっこう忙しいんですよ。LTLプリント社のクリエイティブデザインとアート監修、nootie(ペットライフサイクルブランド)との新しいペットシャンプーのパッケージデザインとブランディング、世界中の発注者のロゴ作成、ブランディング、デザイン.... それにTweety’s Friendsのイラストレーションを広めなきゃならないし。ファッション系のイラストレーションも手がけているし、シドニー工科大学でデザインを教えてたりもしています。




nootie pet shampoo



Sea Lion on the underground



ANNA SUI



owl



tinker dolphin



6 Thinking Hats (Edward De Bono)



Wink Owl



Platypus on the underground



Surfing On the rocket



Rainbow Lorikeet by aussigami



Koala by aussigami



Goldfish



Cherry Blossom Girl



Capricorn



ANNA SUI Serendipity



















タングラム?



私、タングラム* が大好きなんです。


* 正方形の板を七つの異なる形に切り分け、それを組み合わせる中国のパズル。



来月、LTLプリント社の協力でイーインウォールタングラムをはじめて販売開始するんです。



Tangram Birds

Tangram Ships

Tangram Animals









首相とのミーティング



以前オーストラリアで100人の次世代イノベーションリーダーに選ばれて、キャンベラの国会議事堂での授賞式でオーストラリア首相のでケビン・ラッド氏にお会いしてきました。このようなイベントに参加できてすごく誇りに思うし、それに未来のリーダーシップについての彼の演説には触発されました。 首相と英語、中国語(標準中国語)の両方でお話しできるなんて本当にすばらしい経験でした!




Yiying Lu and Australian Prime Minster Kevin Rudd

Yiying Luとオーストラリアのケビン・ラッド首相。









今後の活動は?



私はTEDの大ファンで、リチャード・セントジョンの予測が私の「次に何をやるか?」を的確に捉えていると思います。



「仕事人間(WorkaHolic)ではなくて、仕事大好き人間(WorkaFrolic)ですね!」




8 To Be Great Poster White













ウォールステッカー?



自分の新しいウォールステッカーには本当に期待しています。どんな材質にも貼れるし、何回も貼り直せるんですよ、壁をいためないし。 はがす&貼る。リムーブ&リユース。



ノートパソコンサイズから最大約2mまで好きなカスタムサイズを選ぶことができます。 壁に、窓に、天井にだって貼れちゃうんです。そして、窓に貼るとまた格別なんです。というのも、特別な高級接着紙を使ってまして、やや不透明な紙なんですけど、実は後ろから照らすと光るんですよ! 私はまだ、この新しい接着紙の可能性を探っていて....



そして、一番重要なのは、インタラクティブであることですね! ウォールステッカーはすべてオンデマンド印刷されるので、どこにどうやって飾るのかということを自分で決められるんです。 変更することもできますよ。 角に貼ってくるんだり、 天井やドアや窓に貼ったり。好きに貼り替えられるし。このインタラクティブという側面が私にはすっごくエキサイティングで、この新しいウォールステッカーという媒体の可能性を探っていくのを本当に楽しみにしています...




Yiying Lu and Lifting a Dreamer Whale



http://www.LTLprints.com/Yiying





リンク:



http://www.yiyinglu.com



http://www.LTLprints.com/Yiying



Follow Yiying on Twitter @YiyingLu





yiying lu sticking wall graphics1



yiying lu sticking wall graphics2



yiying lu sticking wall graphics3



yiying lu sticking wall graphics4



yiying lu sticking wall graphics5



yiying lu sticking wall graphics6



yiying lu sticking wall graphics7







Enjoy!







関連記事

「ツイッターのクジラ」キャラクターグッズにウォールステッカー登場 (ツイッター総研)



「阿佐ヶ谷七夕祭り」にツイッターのクジラが出現! (ツイッター総研)



Twitterの「Fail Whale」をデザインしたオーストラリアのデザイナーさんが新作を販売中! (IDEA*IDEA ~ 百式管理人のライフハックブログ)


blogrankbanner_12

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
こちらもフォローして!
あわせて読みたい
あわせて読みたい
なかのひと
携帯アクセス解析