ついけん

検索サイト「Bing」って何て読む? 「ビーイング」説に公式アカウントが反論

kokumaijp ライター: kokumaijp
カテゴリー: 面白ネタ
投稿日:2010/6/10
タグ: ツイッター 面白ネタ

twitterブログ



マイクロソフトが運営している検索サイト「Bing」をご存知でしょうか。

つい先日、6月3日に1周年を迎えたばかりの新しいサイトです。



Bing

http://www.bing.com/


bing.com



日本ではヤフーグーグルが2大検索サイトとして利用されており、なじみはないかもしれませんが、マイクロソフト社がグーグルに対抗するために力をいれているサービスですので、これから日本でも延びていくと思います。





ところでこの「Bing」、なんて読むでしょうか?





そのまま読んで、「ビング」でしょうか。



似たようなつづりで、以前リクルート社が発行していた就職情報誌に「ビーイング」というのもありましたね。



B-ing



検索してみると、こんな結果が出ました。





グーグルで「bing」を検索した結果です。

(これは日によって、あるいは利用している環境によって結果が違うことがあります)



search by google Bing



1番目の結果が、「ビーイング - Bing」となっています。





私はこれを見て、「へえ、Bingってビーイングって読むのかー」と思ってしまいました。





ところが。

Bingのトップからリンクしてある「Bingのツアー」、すなわち「Bingの使い方ガイド」のページを見ると。



bing guide



「Bing(ビング)」となっています。





これはどういうことなのだろう? と混乱してしまいました。







ツイッターで検索してみたところ、Bingの公式アカウントがあるのを見つけました。

Bing公式アカウントは @BingJP です。



@BingJP





Bing担当スタッフのブログ「日々是検索」より

[Bing 日本版]公式Twitter開始しました!





こちらのBing公式アカウントを見ると、私と同じような疑問を持っている人がほかにもかなりいるらしく、(それはどうやらグーグルの検索結果のせいのようなのですが)、多くの人が「ビーイング」と読むんですかという質問をしており、Bing公式アカウントは一人一人に正しい読み方を返していました。





@creatry 「ビング」ですよ。2010-06-07 19:00:32 via web





@kanri_man「ビング」ですよ!2010-06-07 20:22:28 via web





@kokumaijp 「ビング」ですよ!2010-06-09 16:48:42 via web





@fukken「ビング」ですよー!2010-06-10 17:14:30 via web







牛丼のすき家の公式アカウント(すき家たん)が、「すき屋」と書いているユーザーに「すき家ですよ!」と指摘してまわっていたのを思い出しました。



正しい読み方は重要ですからね!



なお、毎回同じような回答をしているためbotなのですかと質問すると、「生きてますよ!」という回答をいただきました。

(おそらく生身の人間が対応している、という意味でしょうか……)







そして。



@somery 弊社のほうでは一度も「ビーイング」と表記したことはございませんでして。。。2010-06-08 17:15:02 via CoTweet





こちらのツイートによれば、マイクロソフト社が「ビーイング」と表記したことは一度もない、とのことです。



なぜグーグルの検索結果でそういうふうになるのかはわかりませんが、グーグルの問題と思われます。

(ライバルだから意地悪をしているわけではないとは思いますが……!)







というわけで、「Bing」「ビーイング」ではなく「ビング」であることがわかりました。



皆さんもただしい名前で読みましょう。

もし混乱したりわからなくなったら、Bing公式アカウントに質問してみましょう!



もちろん読み方だけでなく、検索サイトBingについて便利な利用方法などを教えてくれるので、ぜひフォローしておきましょう。







関連ブログ

Bingはビングじゃなくてビーイングなんだな



Bingは"ビング"じゃなくて"ビーイング"?


blogrankbanner_12

コメント一覧

    • 1. 安藤珈琲
    • 2011年05月12日 18:03
    • 20種類の手造りクッキーと20種類の自家焙煎の珈琲を通してお客様との人間関係をつくりだしています。珈琲は御注文を頂いてから焙煎して発送いたします。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
こちらもフォローして!
あわせて読みたい
あわせて読みたい
なかのひと
携帯アクセス解析