ついけん

初心者OK!超簡単つぶやきボタン(ブログパーツ)を自分のブログ・サイトに設置しよう

kokumaijp ライター: kokumaijp
カテゴリー: ネットサービス
投稿日:2010/4/17
タグ: ツイッター関連サービス





読んだブログが面白かったり、他の人に教えたいときに、「この記事についてつぶやく」ボタンがあれば、とても簡単にツイッターに投稿することができます。

いちいちブログタイトルをコピペしたり、URLを短縮したり…って、面倒くさいですからね。



自分のブログに「この記事についてつぶやく」ボタンがあったらいいな、と思ったこと、ありませんか?





私も今TOPSYというサービスを利用して、ブログを読んだ人が「面白かった!」など感想を書いてもらいやすくしています。



↓こういうボタンです。(この記事の一番下に、ちゃんと動くボタンがあります)

2bu.in11



このボタンを設置するのはちょっと面倒で、かつJavaScriptを利用しているので、初心者には困難だったり、ブログサービスによっては最初から設置が不可能な場合があります。







このたび、初心者でもOKほとんどすべてのブログサービスに設置可能なツイッターボタン(ブログパーツ)をつけることができるサービスがオープンしました。(ただし、まだテスト中です)



ブログ1年生でも設置できる超シンプルTwitter「つぶやきボタン」

http://2bu.in/



2bu.in1



↑画像をクリックするとサイトに飛びます(新しいウィンドウが開きます)







まだαテスト中ということで、サイト数の制限があります。





作成者のpaji_aさんの許可をいただきましたので、早速レビューしてみました。





サイトの下にある、「動作済みブログ一覧」です。



2bu.in2



大手のブログサービスは確認済みのようです。

ここに載っていないものでも基本的には問題ないので、試してみましょう。



確認済みブログ

アメーバブログ

ヤフーブログ

FC2ブログ

はてなダイアリー

ライブドアブログ

ヤプログ

ココログ

gooブログ

So-netブログ

Blogger

エキサイトブログ

seesaaブログ

楽天ブログ

ウェブリブログ

jugem

忍者ブログ

tumblr

DTIブログ

teacup

オリコン スタ☆ブロ



独自ドメインに設置したMT(Movable-Type)WordPressのブログも問題ありません。

ブログでない一般サイトも可能です。







サイトのなかほどにある「設置用コード取得」にて、自分のサイト用のコードを発行します。

設置したいブログ、サイトのトップページのURLを入力し、「設置用コード取得」ボタンをクリックします。

個別記事のURLではなく、トップのURLであることにご注意ください。

1つのブログ・サイトにつき、取得は1回だけでOKです。



2bu.in3







このように自分専用のコードが発行されました。

コードをすべてコピーします。



2bu.in4







自分のブログの管理画面にいきます。

今回はテストのために、既にある記事に「つぶやきボタン」を追加します。(こちらの記事です

どこにおいてもかまわないのですが、ブログ記事の一番末尾に自分専用コードをペーストしました。

記事を保存します。



2bu.in10







ブログ記事を更新すると、このようにつぶやきボタンが現れました。

(※ヤフーブログは、ブログの仕様上画像が表示されず、テキストリンクになります)

つぶやきボタンをクリックします。



2bu.in6





自動的にツイッターの画面に移り、ツイート入力欄に自動で以下のようにブログのタイトルとURL(短縮済み)が入力されています。

このまますぐツイートボタンを押せば、ツイッターに投稿されます(もちろんコメントを追加してもよいです)。



2bu.in8



なお、つぶやきボタンを設置したら1度は必ず自分でツイートしましょう。







しばらくたった後にブログ記事を更新すると、以下のようにつぶやきボタンの横に数字が表示されます。

この数字(つぶやき数)は、この記事がツイッターで何回ツイートされたかを表します。

自分がツイートした1回だけなので「1」が表示されています。

数字のところをクリックしてみましょう。



2bu.in7







このように、自分のブログのページになります。(ツイッター総研の場合はこちら



2bu.in9



・ブログ記事ごとのつぶやき(最新20件)

・最近のブログ記事一覧

・このブログのつぶやき(最新20件)




が表示されます。

ここに表示されるものは、あくまで「つぶやきボタン」でツイートされたもののみです。(およびそれがRTされたもの)



別の短縮URLや、bit.lyでも違うURLで短縮されたものは、ここには表示されません。









●トラブルシューティング



うまくいかない場合は以下を確認しましょう。



・タイトル(<title></title>の中)が改行されている。



・PCのセキュリティソフト等で、リファラーが送信されないようになっている。









●まとめ



・どんなタイプのブログにでも設置できる。

(JavaScriptを利用しないので、他のツイートボタンがNGだった方でもOK)



・コードを発行して記事に貼るだけなので、初心者でもOK

(毎回記事に貼るのが面倒という方は、ブログのテンプレートを自分で改造しましょう)



・ブログ更新→ツイッターに告知、も簡単にできる。

(ブログを更新したら自動でツイッターに告知するツールもありますが、記事アップ後、なんども書き直すことが多い方は手動でやったほうがよいでしょう)



・つぶやき数の表示などは、「その短縮URLだけ」しか見ていないようなので、同じ元URLのものをまとめて見ることができるbit.lyの詳細画面より情報が少ない。

(シンプルな初心者向けサービスということなので、最低限の機能ということでいいかも?)



参考:bit.lyの詳細ページ



・つぶやきボタンでツイートすると、URLはそのとき開いているページのURLになります。ブログトップに最新記事がありそのままつぶやきボタンを押すとブログトップのURLになってしまい、個別記事のURLにはなりません。







シンプルで非常にわかりやすい初心者向けのよいサービスだと思います。

まだテスト中ですので、利用したい人はサービスの本番リリースを待ちましょう。



ツイッター総研は今後の発展がたのしみな「つぶやきボタン」を応援します。







関連サイト

僕が「つぶやき」ボタンを作った5つの理由 (パパパパ)



↑作者 paji_a さん自身による「なぜつぶやきボタンを作ったか」 必読


blogrankbanner_12

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
こちらもフォローして!
あわせて読みたい
あわせて読みたい
なかのひと
携帯アクセス解析