ついけん

Yahoo!BB黎明期、死に物狂いの孫正義を社員が語る

kokumaijp ライター: kokumaijp
カテゴリー: 面白ネタ
投稿日:2010/4/5
タグ: ツイッター 面白ネタ





ソフトバンク孫社長の講演会「孫正義 LIVE 2011」を見て、ソフトバンクおよび孫社長に興味を持った、見直した、という方も多いと思います。





孫さんが講演会で「人生4回目の勝負」「40代ひと勝負をかける」と呼んだのが、ブロードバンド事業、Yahoo!BB(ヤフービービー)です。





当時ソフトバンク社員だった方がYahoo!BBを新規に立ち上げるようと死に物狂いになっていた時期のことを思い出してツイートされていました。

トゥギャッターにまとめられていたので、紹介します。





Yahoo! BBブロードバンド開設の裏話 (トゥギャッターまとめ)









上記のツイートに出てきた登場人物について。



三木雄信(みき たけのぶ)さん



当時のソフトバンク社長室長。三木さんの書かれた「ソフトバンク『常識外』の成功法則」に当時のことが詳しく書かれています。







平宮康広さん



Yahoo! BBネットワーク構築記(前編)

Yahoo! BBネットワーク構築記(後編)



これを読むと一番初期は平宮さんと筒井さんの2人だけだったようですね。

 宣伝費がないので,駅前でティッシュ配りをして,客を集めようと半ば真剣に筒井と話していました。もちろん,サポートも設置も僕達でやるつもりでした。



 そうこうしているうちに,孫社長がやってきて,一体いつになったらサービスを始めるのかと怒られたんです。お金はいくらでも出すという。それが,Yahoo! BBの始まりです。孫社長が陣頭指揮を執るということで,社名もビー・ビー・テクノロジーになりました。





筒井 多圭志(つつい たかし)さん



通信革命を支えたCTOの横顔 | ソフトバンク株式会社

立ち上げ当時のYahoo! BBは、ゲリラ的に始まったプロジェクトで、それでも最低限の機材しか買えないし、スタッフの給料なんかも出せないような悲惨な状況で・・・。あるとき、孫社長が現場の視察に乗り込んできたのですよ。他社は古色蒼然たる高価な機器でATMをつかって、42Mbpsで、しょぼいネットワークを組んでいたのですが、うちは、社内LANに使う安価なレイヤー3スイッチを使ってネットワークを組んでいまして。1Gbpsで接続されている状況をご覧いただいた瞬間、社長のねじが興奮で巻き切れて(笑)。それで、社長室ごと引っ越してきちゃって、自分で陣頭指揮。それからは、突撃しっぱなしです。



筒井さんは現在もソフトバンクBBのCS(チーフ・サイエンティスト)を勤めてらっしゃいます。







この時代のことをより詳しく知りたい方は、Yahoo!BBよりもいち早くADSLを事業化した「東京めたりっく通信」創業者である東條巖さんによる回想記を読むのもよいと思います。

いかに当時の官僚、NTTの頭が固かったかがわかります。



【連載】ブロードバンド“闘争”東京めたりっく通信物語 はじめに

ブロードバンド“闘争”東京めたりっく通信物語 目次









こういう裏話的な話はおもしろいですね。







関連記事

孫正義、【志】を語る。「孫正義 LIVE 2011」書き起こし(その1)

孫正義、【志】を語る。「孫正義 LIVE 2011」書き起こし(その2)

孫正義、【志】を語る。「孫正義 LIVE 2011」書き起こし(その3)


blogrankbanner_12

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
こちらもフォローして!
あわせて読みたい
あわせて読みたい
なかのひと
携帯アクセス解析