ついけん

福井県立図書館の「覚え違いタイトル集」がおもしろい件

kokumaijp ライター: kokumaijp
カテゴリー: 面白ネタ
投稿日:2010/3/3
タグ: ツイッター 面白ネタ

ツイッターで見かけたおもしろいネタを取り上げます。



ものの名前(固有名詞)って、うろおぼえで人に話すときに間違えてしまう

ことってよくありますよね。



本のタイトルも、間違えやすいもののひとつです。



知り合いから勧められたり、テレビや雑誌で見かけた本を借りよう!と

はりきって図書館に行って、司書さんに「xxxという本ありますか?」



そんな時に間違えてしまった事例を、福井県立図書館のサイトが集めています。





福井県立図書館 覚え違いタイトル集



福井県立図書館 覚え違いタイトル集



↑画像をクリックするとサイトに飛びます(新しいウィンドウが開きます)




この覚え違いタイトルが、面白すぎます。

ぜひサイトを見てください。



ほんの一例を抜粋

×『散歩する漱石』 → ○『闊歩する漱石』丸谷才一

×『マネーはどう動くか』 → ○『マネーはこう動く』藤巻健史

×『探さない』とかそんな感じのヤツ → ○『求めない』加島祥造



そんな感じのヤツ・・・とか言われても司書さん困っちゃいますよねー。

でもよくありそうです。





利用者「村上春樹の『そば屋再襲撃』っていう本を借りたいんですが」

司書 「えーっと・・・たぶん『パン屋再襲撃』のことですよね?」

利用者「あーそれそれ」



のようなやりとりが受け付けカウンターごしに繰り広げられているのでしょうか。





バカバカしいこと(間違えた人には失礼ですが)をちゃんと記録に残して、サイトに

コーナーまで作ってしまう福井県立図書館は素敵だと思います。


blogrankbanner_12

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
こちらもフォローして!
あわせて読みたい
あわせて読みたい
なかのひと
携帯アクセス解析